お墓を建てる手順

お墓とは・・・

ご先祖様を敬いその遺徳をしのび報恩感謝の証として、又、子供達の繁栄を願う象徴として調えられるものです。
お墓に向き合い心静かにお祈りすることが、ご先祖様に対しての一番の供養であり、私達が幸せに暮らしていく為に最も大切なことなのではないでしょうか。

お墓の建前の時期

お墓は建てる時期について特別な決まりはありません。ですが、次の四つの機会をとらえて建前されることが多いようです。

  1. 仏事まわり|お盆までということが一番多く、その他春の彼岸・秋の彼岸まで。
  2. 没後まわり|納骨の日とされる四十九日・百か日・一周忌。
  3. 法事まわり|三回忌・七回忌・十三回忌・十七回忌・二十三回忌・三十三回忌等の法事の前。
  4. 日にち|日曜・祭日・連休等、親戚一同が集りやすい日までに建てられることもあります。

お墓を建てる手順

お問合せ (お見積りまでは無料となっております。)
お電話、又は、メールにてお問合せ頂くか、直接当社展示場へお越しください。
展示場には係りの者が常駐いたしており、より詳しい説明をさせていただきます。(冬期を除く)
  

打ち合わせ
  1. 墓地の確認
    境界、高さ制限、その他規定についての確認をします。(墓地の無い場合は、墓地購入のご相談も承ります。)
  2. お墓のデザイン、外柵の構成などのご相談を致します。(当社展示場にて展示品をご覧下さい。価格の提示もあり、より完成のイメージが膨らみます。)

お見積り・設計図の提示
打ち合わせに基づいた設計図・お見積りをお渡しします。


ご契約
役所の手続きがある場合は、当社にて代行致します。



文字の確認
お墓などに彫り込む文字の確認をします。



古いお墓がある場合
  1. お寺さんに来て頂き、古い墓石の魂抜きを行います。(宗派により違うので、お寺さんに相談されるのが良いでしょう。)
    その際の参列者は、一般的には家族のみに留め、数珠・お花・白ろうそく・線香・塩を用意します。
  2. お骨の保管
    お寺、又は、自宅にて保管して頂きます。当社での保管も承ります。
  3. お墓の取り壊し
    古い墓石を残したい場合は、一般的にトボ石のみを新しいお墓に向かって右側に安置します。
    その他石材は当社にて処理をします。

基礎工事・お墓製作
お墓が完成するまでには、ご契約後最短で約4週間程度必要です。



基礎コンクリートの養生
基礎コンクリートを養生します。



お墓・外柵等の取付・完成
お墓・外柵・付属品を取り付けて完成となります。



おあたまし (建墓法要・開眼供養)
◆おあたましの日取り◆
お寺さんを優先し、家族、親族の都合の良い日、法事の日、納骨の日、或は彼岸、お盆の前に行います。
◆参列者◆
家族および親族、縁者
◆お供物◆
海の物(こんぶ)、山の物(長芋)、野の物(大根・人参)等、酒2升、塩、紅白まんじゅう、又は、餅 (宗派により違うので、お寺さんに相談されるのが良いでしょう。)
◆参拝用品◆
数珠、赤ろうそく、線香、マッチ、お花

墓石・墓地のお手入れ方法

墓石は年2〜3回(お彼岸・お盆の前等)台所用のスポンジで水洗いされるとよいでしょう。又、細かいところや汚れの酷い所等は歯ブラシを使い、軽く擦るとよいでしょう。あくまでも水洗いに留め、洗剤の使用は控えたほうが美しさを保てます。(洗剤を使うとシミになる事があります。)墓石は、定期的なお手入れをお勧めします。また、墓地の雑草・枯れ葉等も掃除しましょう。

エクステリア
インテリア